読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm still looking for.

「考えたこと」を文字にしようとこころみるブログです/宝塚の話が多めです/でも興味はひろく/観た映画の話もしたいです/パンドラの箱はもうあけてあった

<内心><宝塚>I got an idea.

内心 宝塚 Takarazuka

思いついちゃった

このブログ、英語でも同じ内容で書けばよいのだわ

 

ある晴れた朝のこと、わたしはこのブログについて、そしてこのブログの大いなる野望について考えていた(←望海さんルキーニの声音を模してよんでください)

このブログを使ってわたしのしたいことは複数あるが、少なくとも宝塚歌劇に関して書くものについては一貫した野望がある!それは、「宝塚一回行ってみようと思うひと」を増やすことだ

わたし一人の買えるチケットには限りがあるけれど、興味を持ってくれるひとが少しでもふえてその人たちが一枚チケットを買えばそれはもっと次に繋がると思うのですね

そんな単純な仕組みにはなっていないのかもしれないけれど、わたしの想像では、ブログを読んでそのうちの何割かがファンになってくれるでしょーそれでそのひとたちがさらに周りにファンを増やしてくれるでしょーそれで宝塚人気が増して宝塚がもっともりあがって、お衣装とか豪華になっちゃうし有名な振付家とかのコラボも増えて話題性も抜群、地上波でも取り上げられる機会が増えたりなんかしちゃったらとても素敵なのではないかと思うのです(地上波に生徒さんが出ているときの気持ちの高揚といったら)

何より宝塚に今よりもっともっと人気が出れば宝塚の生徒さんのキラキラ度にも磨きがかかると思うのです私は想像の彼方をゆく贔屓(望海風斗さん)がみたいです

そこで今までは、初めての方でもとっつきにくくないよう、生徒さんの愛称だけではなくフルネーム表記をするなど、宝塚の前提知識がなくても読めるような書き方を工夫するという方向で努力して参りました

しかしわたしはこの「初めての方」の定義が曖昧だったのではないかと思うのです

「初めての方」って日本語読めるとは限らないよね!むしろ日本語読めない宝塚歌劇初めての方のが多いよね!わー!取り除ける言葉の壁なら取り除いたらいいんだー!

そこでわたしは今からこのブログ、英語でも表記をするようにいたします
日本語の読めない「初めての方」に配慮する、と英語で表記するに飛躍がありますが、わたしのようやっと綴れる外国語は英語だけなのでとりあえず英語で試してみたいと思います

確かに宝塚は日本語での歌劇だから外国のひとが興味もっても言葉わからないし結局ファンは増えないのではないかという疑問は確かにありますが、そこは台湾やヨーロッパでの公演を成功させていらっしゃると聞く劇団さんにお任せするとして(投げやりでごめんなさい...どういう感じなんでしょうね??星組さんの台湾公演すごくおもしろそうだったけれど)I want to spread the Takarazuka revue (hopefully worldwide)

***

I got an idea.

I should write this blog both in Japanese and English.

 

(Read as if you were Futo Nozomi playing Luigi Lucheni in "Elisabeth" →) one fine morning, I was thinking of my blog and my ambition.
writing my blog, I have some purposes but especially I have a strong ambition about articles I've written about the Takarazuka revue. the ambition is "MAKE MORE AND MORE PEOPLE INTERESTED IN THE  TAKARAZUKA REVUE!" 

If some people get interested in the revue through reading my blog and get one ticket, it will make bigger wave than only I buy some tickets
Honestly I don't have enough knowledge about cash flow, just in my imagination, some people who read my blog will be a fan of the Takarazuka revue, and these fans tell their friends how nice the revue is and the number of fans will be more and more incleasing. then the revue will be more and more popular and something will happen about the cash flow and it will make their costumes more gorgeous, it will also make the collabolations with some famous artists inclease and it will also also make more chances which ”Takarasienne”(the performers in The revue is calld like this (they are all women") be on TV(I really like watching them on TV *happy*)

Above all,( in my opinion) the brightness of Takarasienne is in proportion to the popularity of the Takarazuka revue.  I'm a big fan of Futo Nozomi so I want to see she is more shining.

then by now, I just had tried to write about the revue simply (not only for fans but also for beginners) 

but  I noticed that the "beginners" may not be able to read Japanese.I  hope even non-Japanese speakers will get interested in the Takarazuka revue.

From now on, I will write this blog both in Japanese and English.  I know non Japanese speaker doesn't mean English speaker, sorry but anyway English is just one language I can somehow write and read.

I still worrying about the language barrier because The revue is played in Japanese but anyway I heard the revue have succeeded in Taiwan and Europe. so I will rely on the revue about this...:P

I want to spread the Takarazuka revue (hopefully world wide)